テニス肘の原因が、まさか〇〇だったなんて!

テニス肘の原因が、まさか〇〇だったなんて!

投稿日
2020年6月10日 (最終更新:2020年6月10日)
カテゴリ
テニス肘のお悩み改善させませんか?

荷物を持った拍子にズキッとしたり、ドアの開け閉めなんかで不意に痛みがでたりして、日常生活に支障が出るし、テニスをやるともちろん痛みが出て、テニスが楽しめない。

こんな状態だと楽しくテニスをやりたいのに、全然楽しめなくて困ってしまいますよね。

なんでこんな事になってしまうかというと、テニスをされている方なら、手打ちになってしまっているからです。

なぜ手打ちになってしまうのか?

それは、「下半身」を活かせてないから。

下半身の前後の体重移動と、腰の回転を使えないと、地面からの反力を使えず手打ちになってしまいます。

そのためボールに体重も乗らず、力のない球になり軽い球質になってしまうのです。

この「下半身を活かせてない」ことが、テニス肘という症状を作っている原因です。

 

どんな動きにも全身の連動性があります。

で、その連動性を無視して動かすと、どこかに負担がかかり、テニスの手打ちの場合、肘に負担がかかってしまい、テニス肘になってしまうのです。

なので、神戸元町整骨院KUでは、下半身の可動性の回復を基本に、肋骨、背骨の可動性、肩甲骨から腕全体の動きや筋、筋膜のバランスを整えていくことで、テニス肘の症状を良くしていきます。

神戸元町整骨院KUのオステオパシーで、テニス肘を楽にして、また楽しくテニスをしませんか?

ぜひ、お試しください。

ご予約お待ちしております。

↓↓ご予約はネットから24時間可能!↓↓

https://1cs.jp/ku/r

症状について詳しくはこちら

テニス肘のお悩み改善させませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加