オステオパシーについて

投稿日
2023年5月25日 (最終更新:2023年5月29日)
カテゴリ
オステオパシー
オステオパシーは、医療の一部として全身的な健康の維持と改善に焦点を当てた代替療法の一つです。
この療法は19世紀後半にアメリカで開発され、現在では世界中の多くの国で実践されています。

オステオパシーの基本的な哲学は、身体は自己修復と自己規制の能力を持つという考えに基づいています。

また、身体の構造(筋肉、関節、骨など)と機能(身体の働き)は互いに深く結びついていると考えています。

この視点から、オステオパシーは患者の身体全体を考慮に入れるホリスティックなアプローチを採用しています。

オステオパシーの治療では、手技療法が主に用いられます。

これには、筋肉と関節のストレッチング、圧迫、または操作が含まれます。

これらの手法は、身体の動きを改善し、疼痛を軽減し、身体の自然な治癒プロセスを促進することを目的としています。

オステオパシーは、特に慢性的な疼痛を伴う条件、例えば腰痛や関節炎などの治療によく用いられます。

それらの症状が身体の他の部分に影響を与えることがあり、オステオパシーの全身的な視点が有用となるためです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加