予約優先制

ネット上でのご予約はこちら

受付時間 / 午前9:00~13:00午後15:00〜20:00(最終受付19:30 土曜のみ13:00まで営業)
定休日 / 日曜・祝日

臨時休業のお知らせ 9/22〜24日までセミナー出席のためお休みさせていただきます。

オステオパシーのテクニック:詳細解説

こんにちは、今回は前回に続き、オステオパシーのテクニックについて詳しく見ていきたいと思います。

目次

1. 高速低振幅テクニック(HVLA)

HVLAは、関節の可動域を超えて素早く押すことで関節の動きを改善する手法です。

安全に行うためには、正確な診断と技術が必要です。

関節の可動域、患者の体質、年齢などを考慮して適用しましょう。

2. 骨盤調整

骨盤は身体の中心であり、ここがズレると全身に影響を及ぼします。

骨盤の位置を調整することで、スポーツ時のパフォーマンス向上や姿勢の改善など、様々な効果が期待できます。

正しい手技と骨盤帯に対する深い理解が求められます。

3. 筋肉エネルギーテクニック(MET)

METは、患者の自身の筋力を利用して関節や筋肉の動きを改善する方法です。

このテクニックは患者の協力が必要で、適切な指示と説明が重要となります。

日本の操体法に似たテクニックですが、動かす方向が違います。

4. クラニオセイクラル療法

頭蓋骨と仙骨の間に存在する「クラニオセイクラルシステム」を調整し、体のバランスを整えるテクニックです。

微細な動きを感じ取るためには、高度な感覚と集中力が必要となります。

これらのテクニックを学ぶ際は、まずは理論をしっかりと学び、模擬患者で練習しましょう。

そして、疑問があれば教師やメンターに質問し、自己研鑽を怠らないようにしましょう。

これらのテクニックは練習と経験により、スキルを磨いていくことができます。

 

次回はさらに「オステオパシーのテクニック:詳細解説」をお届けします。お楽しみに!

  • URLをコピーしました!
目次