予約優先制

ネット上でのご予約はこちら

受付時間 / 午前9:00~13:00午後15:00〜20:00(最終受付19:30 土曜のみ13:00まで営業)
定休日 / 日曜・祝日

2/23〜25までセミナー出席のためお休みさせていただきます。

大変!目の酷使が子宮の負担に。寝る前のスマホは要注意。

朝晩の気温がずいぶん下がってきましたね。
早朝のランニングが辛くなってきた神戸元町整骨院KUの柴垣です。

 

さて今日は、目の酷使が子宮の負担になる、というお話。

 

目、というのは、東洋医学的に肝臓とつながりがあります。

肝臓の不調を表す黄疸が、目に出ることからもそのつながりが少し理解できると思います。

で、目を酷使すると逆もまた真なりで、今度は肝臓を弱らせてしまうんですね。

 

肝臓は、ほとんどの内臓からの血液を集める場所でもあります。

この肝臓に戻る血液が少なくなると、静脈血が各内臓に残ったままになってしまい、新しい動脈血となかなか入れ替わらないという現象がおきます。

 

これが、瘀血(オケツ)と言われる状態です。

 

これは、もちろん子宮や卵巣にも起こる現象です。
なので、

目の酷使 → 肝臓が弱る → 子宮に負担がかかる

という流れになるんですね。

 

とくに、夜寝る前のスマホは要注意。

 

スマホのバックライトは、LEDを使っています。
このLEDの光は、直進性が強く刺激が非常に強いんです。

 

寝る前のカラダは、副交感神経優位になってリラックスして眠る準備をしています。

 

しかし、この時にスマホのバックライトの強い光を目にいれてしまうと、自律神経が興奮して交感神経優位になってしまいます。

 

そうすると、血管が収縮して、血液が流れにくくなってしまうんです。

で、肝臓を弱らせることになってしまい、子宮にも負担がかかるというわけです。

 

寝る前のスマホは、リラックス効果よりも弊害が大きいので、程々に。

 

生理痛やPMSがひどくなったら、神戸元町整骨院KUへご相談ください。
女性ホルモンのバランスを整える整体もやってます。

  • URLをコピーしました!
目次