予約優先制

ネット上でのご予約はこちら

受付時間 / 午前9:00~13:00午後15:00〜20:00(最終受付19:30 土曜のみ13:00まで営業)
定休日 / 日曜・祝日

2/23〜25までセミナー出席のためお休みさせていただきます。

「気圧頭痛」を理解し、日常生活での対策を学ぶ

はじめに、皆さんは「気圧頭痛」についてご存知でしょうか。突然、頭が痛くなることはありませんか。その原因の一つに、気圧の変化が関与していることがあります。この記事では、そんな「気圧頭痛」について、その原因や対策について詳しく解説していきます。

目次

「気圧頭痛」の原因

まず、「気圧頭痛」の原因について考えてみましょう。昔からよく「古傷がうずくと雨が降る」と言いますね。これには自律神経が関係していると言われています。雨が降る前には気圧が低下しますが、その変化を体が感知し、脳の視床下部を通じて交感神経活動が活発になります。その結果、ノルアドレナリンと呼ばれる物質が血中に放出され、痛みを感じる神経を刺激します。

また、ノルアドレナリンは血管を収縮させたり、血液中のマクロファージや肥満細胞を活性化させたりしてヒスタミンやTNFαと呼ばれる物質を放出し、神経を刺激します。さらに、副腎髄質にも働きかけてアドレナリンを分泌し、同様に痛みを感じる神経を刺激します。

しかし、普通の状態では、気圧が下がって痛みを伝える神経が刺激されたとしても、痛みを感じることはほとんどありません。しかし、あらかじめ神経が傷ついて炎症などが存在すると、正常時では認められなかった交感神経に反応する回路が新たに出現するため、気圧の変化で痛みを感じるようになってしまいます。

そのため、古傷をかかえた人は気圧の変化に敏感で天気予報ができるようになり、頭痛持ちもこれと同じ仕組みで気圧の変化に敏感になっていると考えられます。

天候の状態と頭痛の関係

次に、天候の状態と頭痛の関係について見てみましょう。特に、雨、低気圧、高湿度、明るい日差しが影響し頭痛のきっかけになることが多いようです。顎関節症患者と片頭痛患者における頭痛について、気温、気圧、湿度で変化があるかどうかを比べた報告があります。痛みの変動自体は顎関節症で大きかったのですが、天候の変化で痛みにより影響を受けやすかったのは片頭痛のほうで、特に気圧と気温の変化が関係していました。

気圧が低ければ低いほど頭痛が起きやすい?

一言で痛みといってもその原因となる病気によって影響の度合いが違うようです。しかしながら、気圧が低ければ低いほど頭痛が起きやすいと言うわけではなく、平均気圧を1013hPa(ヘクトパスカル)とするとそこから6〜10hPa低い1003〜1007hPaで最も片頭痛が悪化しやすかったそうです。また、気圧が5hPa以上低下する前日に頭痛が起きやすく、5hPa以上高くなる2日前に頭痛が改善するとも報告されています。

気圧頭痛に対する対策

では、このような気圧頭痛に対する対策は何があるのでしょうか。まず、頭痛が起きやすいときは、無理をせずに休息をとることが大切です。また、日常生活でのストレスを減らすことも重要です。ストレスは自律神経を乱すため、頭痛の原因になります。リラクゼーションや深呼吸などでストレスを解消しましょう。

さらに、適度な運動も頭痛の予防に役立ちます。運動により血流が良くなり、頭痛の予防につながります。しかし、激しい運動は逆に頭痛を引き起こすこともあるので、適度な運動を心掛けましょう。

また、食事も頭痛に影響を与えます。特に、カフェインやアルコールは頭痛を引き起こす可能性があります。これらの摂取を控えめにすることで、頭痛の予防につながります。

まとめ

最後に、頭痛が続く場合や、頭痛の原因がわからない場合は、医療機関に相談しましょう。頭痛の原因は様々なため、適切な診断と治療が必要です。

この記事を読んで、皆さんが「気圧頭痛」について理解を深め、日常生活での対策を学ぶことができたら幸いです。

 

Meta keywords: 気圧頭痛, 頭痛の原因, 頭痛の対策, 気圧の影響, 頭痛と気圧

Meta description: 「気圧頭痛」について理解を深め、その原因や日常生活での対策について学びましょう。気圧の変化が頭痛にどのように影響するのか、そしてその対策は何かを詳しく解説します。

  • URLをコピーしました!
目次