予約優先制

ネット上でのご予約はこちら

受付時間 / 午前9:00~13:00午後15:00〜20:00(最終受付19:30 土曜のみ13:00まで営業)
定休日 / 日曜・祝日

2/23〜25までセミナー出席のためお休みさせていただきます。

眼瞼痙攣の原因や症状、治療法についての解説

眼瞼痙攣とは

目次

イントロダクション

眼瞼痙攣は、目の周りの筋肉が無意識に収縮し続けることで、まぶたが開かなくなる症状です。

ストレスや疲れなどが原因となることが多く、特に30~50代の女性に多く見られます。

 

眼瞼痙攣の原因

眼瞼痙攣の原因には、ストレスや疲れ、目の負担、遺伝などが挙げられます。

また、目の病気や神経系の障害が原因となることもあります。

 

眼瞼痙攣の症状

眼瞼痙攣の症状は、まぶたの痙攣やピクピクすることが挙げられます。

また、まぶたが開かなくなるため、視界がぼやけたり、見えにくくなることもあります。

 

眼瞼痙攣の治療法

眼瞼痙攣の治療法には、症状に応じて様々な方法があります。

一般的には、ストレスや疲れを減らすための休息やストレッチ、目のマッサージなどが有効です。

また、症状が重い場合には、ボツリヌス菌注射療法が考慮されます。

ボツリヌス菌注射療法は、眼瞼痙攣の治療に効果的な治療法であり、ボツリヌス菌という細菌から作られた筋肉弛緩剤を注射することで、痙攣を抑制することができます。
ボツリヌス菌注射療法は、専門医による正確な注射技術が必要であり、安全性に関しては高い水準が求められます。

また、副作用として、注射部位の腫れや痛み、まぶたの下がりなどが報告されていますが、適切な処置を行うことで、大抵は軽減されます。
症状が重く、日常生活に支障をきたす眼瞼痙攣の場合には、ボツリヌス菌注射療法の専門医による治療を検討することが重要です。

  • URLをコピーしました!
目次