TFCC損傷は、本当に手首の問題なのか?

TFCC損傷は、本当に手首の問題なのか?

投稿日
2020年6月11日 (最終更新:2020年6月11日)
カテゴリ
TFCC損傷のお悩み改善させませんか?

ヒョイッと荷物を持ち上げようとしたとき、ズキッとしたり、ドアノブを回そうとすると、痛っとなったり、運転中のハンドル操作の際痛みが出たりと、日常生活でも何かと不便を強いられるTFCC損傷。

痛みは手首にあるんだけど、実は、手首自体に問題がないことがほとんどです。

じゃあ、なぜそんなところに痛みが出るのか。

これは、手の使い方と構造に問題があります。

手首を小指側に倒すとき、屈筋も伸筋も両方使って曲げます。

この使い方が痛みを生み出します。

通常、屈筋と伸筋は、拮抗して働きます。

しかし、小指側へ曲げる場合は、両方が協働して曲げています。

この動きが日常の中で多くなると、筋や腱に疲労がたまり、動きが悪くなります。

特に伸筋は、屈筋に比べ弱いため、屈筋に常に引っ張られる状態で使います。

このアンバランスな筋力のせいで、痛みが起こってくるのです。

なので、TFCC損傷の場合、手首を見るのではなく、肘や肩、肩甲骨辺りの動きが正常かどうかが、重要な指標になってきます。

これらを踏まえて、全身の連動性を加味して動きを整えていくと、TFCC損傷の症状は良くなっていきます。

TFCC損傷が、なかなか良くならなくてお困りの場合は、ぜひ神戸元町整骨院KUへ。

ご予約お待ちしております。

↓↓ご予約はネットから24時間可能!↓↓

https://1cs.jp/ku/r

 

 

症状について詳しくはこちら

TFCC損傷のお悩み改善させませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加