腰、というよりも背中ですが

投稿日
2016年9月12日 (最終更新:2017年4月21日)
カテゴリ
背中の痛み

妻と子供が実家に帰っているので、久しぶりに独身気分満喫中のしっばんです。

さて、今日のお話は、腰ではなくて背部痛。

30代女性で、背中と腰の丁度真ん中あたりが痛む、とのことでご来院いただきました。

で、問診でお話を伺ってみると、食パンにマーガリンをこんもりと塗って食べるのが大好きだそうで。
毎朝そのトーストを食べてご出勤されていました。

このように普段の食生活がかな〜り悪い方で、しかも、会社の健康診断で血液検査に既に異常が出ている方でした。

普段の食生活が悪いかたは、非常に治りにくいです。
食生活を改善して、そこからようやく体自体が変わり始めるからなんです。

1週間でマーガリン一箱使い切るような食生活を送っていた方ですからね〜。
きびし〜。

で、どこがうまく行っていなかったのか?

この場合は、膵臓でした。

脾経の経絡を触ると激痛が走るとのことで、そのポイントをリリースすると、あ〜ら不思議、背中の痛みが楽になるではありませんか。

経過は、週1回30分のコースで、6回目でほぼ痛みは消失。

その後、定期的に2〜3週間に1度位メンテナンスで通院いただいております。

ということで、最近は、経絡も利用しています。

意外なところが痛いので、患者さんも面白いようです。

しかも症状変わりますし。

近くて遠い、オステオパシーと東洋医学でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加