変形性膝関節症をラクにする筋力トレーニング

投稿日
2015年1月30日 (最終更新:2017年5月25日)
カテゴリ
変形性膝関節症

今日は春の陽気のように暖かな日でしたね。
夜からは冷えるらしいので、体調を崩さないよう気をつけましょう。
神戸元町整骨院KUの柴垣です。

 

さて今日は、変形性膝関節症をラクにする筋力トレーニングについて。

 

変形性膝関節症などの膝の痛みは、筋力トレーニングをすることで改善、予防できることが科学的にわかっています。

 

じゃあ、どこをトレーニングすればいいのか?

 

 

それは、大腿四頭筋。

Unknown
この筋肉ですね。

 

 

トレーニングの方法は、椅子に座って、足をゆっくり前に上げる運動を交互に20回するだけ。
20130619142522691_a5b5bc1a23ce4ae1a49126af8e26a05f

 

最初は、2〜3回からはじめてみましょう。

 

この時、つま先を上向きに、膝はできるだけ伸ばすのがコツです。

 

このトレーニングが出来るようになったら、次は膝の内側を鍛えるトレーニングもやってみましょう!

images-3

 

ヒザと膝の間にゴムボールなどを挟んで、そのゴムボールを5〜10秒挟んでおくだけ。

 

これで、太ももの内側の筋肉が鍛えられます。

 

 

続ければ、膝の痛みが楽になりますよ。

 

 

それでも膝の痛みが解消されないなら、神戸元町整骨院KUへ。

ヒザの筋肉や関節以外の痛みの原因を探しだして施術します。

あきらめていた痛み、一緒に良くしていきませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加