ヘルニアとストレスの関係を知らないと、いつまでたっても・・・。

投稿日
2014年10月22日 (最終更新:2017年4月21日)
カテゴリ
腰椎ヘルニア

最近、雨が多いですね。
最寄り駅までバイクなので、
雨の日はツラい神戸元町整骨院KUの柴垣です。

帰りはやんでてほしいなあ。

 

さて今日は、ストレスとヘルニアの関係。

 

実はヘルニアは、行き場のないストレスが原因の場合があります。

あまりにもストレスを貯めこんでしまい、そのストレスが発散されないと、ヘルニアといった症状で出てくる場合があるんです。

 

この、ストレスが原因のヘルニアの場合、一時的に良くなってもまた症状がぶり返して来てしまうことがあります。

原因となるストレスが解消されない限り、ヘルニアの症状がよくならないのです。

 

ヘルニアの症状がでてきた時期に、仕事でプレッシャーがかかっていたり、嫌いな上司が新しく赴任してきたり、職場や学校といった環境が変わったりしていませんか?

思いあたる節があるなら、そのヘルニアの原因は、ストレスかもしれません。

 

「ああ、このヘルニアは、ストレスが原因だったのか」
と気づいただけで楽になる場合があります。

 

それでも良くならない場合は、神戸元町整骨院KUへ。

カラダを調節しながら、ストレスも解消するオステオパシーで、一緒に良くしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加