ぎっくり背中の治し方 その1

投稿日
2015年4月02日 (最終更新:2017年5月25日)
カテゴリ
ぎっくり背中

夜はちょっとひんやりしますね。
こういう時の過ごし方で、ぎっくり腰になるんですよ。
神戸元町整骨院KUの柴垣です。

 

さて今日は、ぎっくり腰ならぬ、ぎっくり背中の治し方について。

 

ぎっくり腰はよく聞きますが、ぎっくり背中というのもあるんです。

 

ぎっくり背中は、背中と言うくらいなので、腰よりももう少し上の方がグキッっとなって、動かすと激痛が走る症状です。

 

で、このぎっくり背中なんですが、実は多くの原因が女性が大好きなあるもののせいでなるんです。

 

 

それは何かというと、アイスクリームなんです。

 

 

ええ〜って思ってくださったあなた。

ありがとうございます。

そのリアクションを期待しておりました。

 

 

それはさておき、ぎっくり背中の治し方な訳ですが、アイスクリームを食べると何がいけないのか?

 

3つ理由がありまして、

 

まず1つ目は、冷たいこと。

この冷たいことで、内臓が冷やされてしまい、機能が低下してしまうからなんです。

 

2つ目は、甘いこと。

アイスクリームなんですから甘くて当たり前な訳ですが、この甘みの元である砂糖をたくさん食べると、急激に血糖値が上昇して、膵臓に負担がかかるからなんです。

 

で、3つ目が、クリーム。

このクリームがまた曲者で、クリーム、要するに脂な訳です。

脂がなんで悪いのか?

冷たい脂は消化がしにくいんです。

消化のためにすごくエネルギーを使う事ぬなります。

ですが、冷やされて内臓の機能が低下している状態なので、消化のしにくさがさらに倍増します。

その結果、胆嚢に負担がかかるからなんです。

 

で、これらの要因が複雑に絡まり合って、ぎっくり背中を起こしていると言う訳なんですね〜。

 

 

ということで、ギックリ背中の原因がわかったところで、
次回はその治し方について、書いていきたいと思います。

症状について詳しくはこちら

ぎっくり背中

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加