左のこめかみにでる頭痛 。

投稿日
2015年1月21日 (最終更新:2017年5月25日)
カテゴリ
頭痛

朝は風が冷たすぎて、ポケットから手を出せないでいる、
神戸元町整骨院KUの柴垣です。

 

さて今日は、左のこめかみに出る頭痛です。

 

左のこめかみ。

 

細かいですね。

 

 

実は、これには結構深いわけがありまして、
右とは何が違うのかということになるわけですが、
違う場合もあるのです。

 

同じような原因の時もあるんですが、今日は左右で原因が違う場合について。

 

 

左のこめかみの部分が痛くなる頭痛ですが、
今回の場合は、自律神経が関係しているバージョンになります。

 

この自律神経が絡んでくると、鋭い激痛が起きる嫌な頭痛になりやすいです。

 

そして、このような寒い時期になる場合が多いです。

 

 

なぜか?

 

 

さむ〜い風に冷やされることで、内臓が冷えてしまい、
自律神経がのバランスが狂うからなんです。

 

なので、こういった場合の左のこめかみの頭痛には、
まず温めることが肝腎。

 

 

では、どこを温めるべきか?

 

 

これは、冷えてしまったお腹をまず温めるようにします。

 

そして、次に首筋を暖めましょう。
美容院でよくおしぼりを置いてくれるところですね。

 

首筋を温めるのは、自律神経の通り道だから。

 

この自律神経が緩んでバランスを取り戻せば、
左のこめかみの頭痛もらくなりますよ。

 

 

それでもラクにならない場合は、神戸元町整骨院KUへ。

違う原因でも見つけて良くしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加