全身温活で、今年こそ冷えを克服しましょう!足下編

投稿日
2014年11月27日 (最終更新:2017年4月21日)
カテゴリ
冷え性

3連休はずいぶん暖かかったですね。
皆さんいかがお過ごしですか? 神戸元町整骨院KUのくうセンセイです。

さて今日は、全身温活がテーマです。

美の大敵である冷えを克服して、健康に暮らしましょう。

今日は足下編、ということで、下肢の温活について。

 

まずは、靴下。

靴下は、きちんと履きましょう。
モコモコ靴下がオススメです。
100均のもので構いません。
締め付けないものが良いです。
で、必ずスリッパを履いてください。

 

なぜなら、フローリングからの冷えが足裏を伝って、体の内部に侵入します。
なので、ここが肝腎です。

 

できれば、クロックスのような底がゴムのものが、断熱性が高く冷えないのでオススメです。

 

そして、レッグウォーマーでふくらはぎを温めましょう。
ふくらはぎが冷えると、リンパ液や静脈血が心臓の方に帰りにくくなってしまいます。
これがむくみの原因になります。

 

次は、ヒザの外側を温める。

 

ヒザのお皿の上端から外側の部分を温めましょう。
ここが冷えるとお腹が冷えてしまいます。

 

お腹を冷やしやすい人は、ここを冷やしがち。
なかなか温めにくい場所ですが、膝サポーターなどをつかって冷えないようにすればOK!です。

 

老化は足から。

「老化は足から」という言葉がある通り、足が弱ると体力が落ち、老化が早まります。

温活も足から始めるのが効果的です。

足をきちんと温めて、健康的な体を保ちましょう。

 

それでも、なかなか冷えが解消されない場合、神戸元町整骨院KUへ。
あなたの冷え性の原因を探して治療します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加