保険診療と自由診療とはどう違いますか?

写真

健康保険が使えるかどうかの基準は負傷した原因によります。
骨折、脱臼、捻挫、打撲 という急性の負傷によるもので負傷日時がはっきりとしているものであれば健康保険が使えますが、 日常的な筋肉の疲労、慢性的な疾患などは保険適用されません。
そして骨折と脱臼は応急処置はできるのですが、その後は医師の指示がなければいけません。
よく整体と混同されますが、整体はいかなる負傷原因であっても保険を使うことはできません。

以下のような場合は自費施術の対象となります。

・示談したあとの事故の後遺症
・慢性の肩凝りや五十肩・肩こりから来る頭痛
・慢性腰痛・椎間板ヘルニア・坐骨神経痛
・変形性の関節症による痛みの改善
・日常生活やスポーツでの疲労(筋肉痛など)
・生理痛から来る頭痛・腰痛・体の倦怠感緩和
・背骨の弯曲・猫背・O脚・骨盤や体のゆがみの調整
・各種スポーツの個別指導

  • このエントリーをはてなブックマークに追加