健康保険はどんな症状なら使えますか?

写真

基本的に、「急な痛み」に対しては保険適用とお考えいただければよいと思います。
何かの動作中に痛くなった。朝起きたら首が動かなくなった。立ち上がった拍子に腰が痛くなった。等々が一般的です。

【保険診療が可能なケガについて】
・関節を捻った(捻挫)・つき指
・打ち身(打撲)
・寝違い・筋違い・ぎっくり腰
・肉離れ・あしがつった時など

※ケガの場合は健康保険が使えます。
※慢性の腰痛や肩こりの方でも、普段と違う辛さが出た場合や3日以上その症状が続いている場合はケガの可能性が高いですのでまずは、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加